銀河連邦のおねーさんの雑記帳

きまぐれ更新の雑記。旅行記とか楽しかったこととか。基本ディズニー関係の予定だけど、違うことも書く気がする。

【殿さまとスティッチ 感想】第2話 ちなみに私の好物は紅茶花伝です

できれば旧版が好き。でも新版も飲むよ!!
f:id:kurage1118:20200121232557j:plain


TOONMIX6の原稿が白いのに、漫画は毎週更新されるから、殴る手が止まらない!!ヤバイ!新刊落とす!←

ちなみになぜ、第1話と第2話の感想が同時に水曜日19時更新だったかというと、沖縄版一期の最初は、水曜日夜7時に一時間スペシャルで第1話と第2話連続放送だったからですよ!リ、スペクト、うん、リスペクトwwww決して感想が間に合わなかったとかそんなんじゃないwww

第2話『忠臣・結城景光

要約

食わぬなら
魚はどうか
青狸
めいそん、心の俳句


要約するの既に飽きてきてるのがバレる短さ。しかも新キャラ、結城景光について全く要約で触れてない。
一応、ホトトギスの句を意識したんですがね。

さらっとこのシリーズの年が明かされました。
永禄10年水無月。1567年6月、ですかね。

軍師 結城景光

新キャラ早速登場。(自称)殿の考えは、聞かずともわかるという忠臣。
きっとお名前から察するに、うどんの国で勇者やっていた女の子の御先祖様だね←

美形なのは気にならなかったんですが、顔の中心に垂れ下がる髪の毛が気になってしゃあなかった。邪魔じゃないの、それ?
KH2の時のリク位気になるよ。切れよってずっと思っていた。

忠臣ならお堂に入る時はとりあえず外から話しかけてから扉開けてくだせぇ。親しき仲にもなんちゃらですよ。

前回特に触れずに感想終わらせたけど、626、とりあえずこの場の人たちに『青狸』って思われてるんですよね。ドラえもんかな?ここにきてまさかのシンエイとの繋がり!


スティッチ、やたらと地球の動物に勘違い(とか周囲に誤魔化す為の嘘)される時に例えられる動物に結構幅がありませんか?

・リロステ→コアラの突然変異、犬

・沖縄版→エイリアン

・中国版→犬か猫(誤魔化して終わった)

・トノステ→狸


めっちゃ目立ってますね沖縄版wwwww隠す気0wwww
確かサエちゃんが転校してくる回だったかな?
自信はないんですが、ユウナが『この子、エイリアンなの』とか言っていて、目玉飛び出しそうになった記憶があります。サエちゃんも『そうなんだー』って納得していた気が。デザイナーの娘、肝座りすぎでしょう…

戦国時代にも犬はいたでしょうが、まぁ犬には見えませんからねスティッチ。
山の中に野生でいるものとして、とりあえず狸って認識したんでしょう。家来も深く考えたくなかったんですよね、わかるわかる。私も今深く考えないで感想書いてるから。

好物

なんとかお堂までスティッチについてきてもらい(ついていったのか…)、好物だけでも知ろうとする必死な命尊。
豆類にも興味を示さなかったスティッチが唯一興味を示したのは魚。

狸って魚主食じゃないよね…『やはり狸は魚好き』って殿言ってるけど、雑食じゃなかったっけ…

このエピソードで今回のシリーズのスティッチの好物が焼き魚、に固定されちゃうんですかね…

ちなみに過去は
・リロステ→ココナッツケーキ

・沖縄版→太巻き

・中国版→糖葫蘆(タンフールー)

でした。

やっぱり一つだけめっちゃ目立つなぁ沖縄版wwwwww
知らない人向けに解説しておくと、沖縄三期放送時にスポンサーから『スティッチの太巻きメーカー』みたいなのが発売していたんですよ。太巻き好きは、その販促のためにつけられた設定です。


糖葫蘆っていうのは、日本でいうとリンゴ飴みたいなもので、串刺しにした果物に飴をかけたお菓子です。屋台とかで売っているらしいです。黄山行く時どこかで食べられないかなぁ(*´ω`*)

話逸れた。

好物固定が今後どう使われるのか。待機。

そういえば、ここで満腹になったスティッチが寝るんですが、このお腹のふくれて寝るスティッチ、見覚えあるなと思ったんですよ。

f:id:kurage1118:20200121234014j:plain

f:id:kurage1118:20200121234042j:plain

HKDLに売っていたぬいぐるみでした。
お腹ポッコリしていて、ルーベンかよwって突っ込みながら商品見ていたんですよ。
こんなところで似た図を見るとは思わなかったわ。

演出

今回良いなと思った演出。
GIFはインパクトあんまなかったから違うよ。

12ページで、寝てるスティッチに触ろうかどうしようか悩んでいる殿の周りでバチバチ音が鳴っているんですが。
最初は火鉢のバチバチ音なんですが、後半のは殿の『触ろうか』っていう気迫のバチバチ音なんですよね。だから8~9ページでの火鉢のシーンも、バチバチ音を入れていて。
周りの音からの心情の音への持っていき方が上手いなぁと思いました。

だからなんでこの仕事ウケタノ…?



総括

で、このシリーズ、スティッチでやる必要性あった?

今のところ、スティッチでなければいけない理由も、スティッチだけ作画違う感じで描かれている理由もわからないんですが。

客寄せパンダにもなってないし。逆に避けてるんだけど、私の周りの人。
愛玩動物を求めていたんなら、本当にその辺の野生の狸とやらせればよかったんじゃないですかね?
戦国狸合戦なんちゃら、みたいな?

ギャグだってほぼ人間サイドだし。
スティッチはあくまでそこにいるだけ…626は
添えるだけ…これ沖縄三期に近い状態。
えーやだぁー改造エイリアンまたくるのー?怒っちゃうー(棒)

あと、やっぱり626を二足歩行で普通に歩かせてるの違和感でした。


よーし感想追い付いたー!!!!!

【殿さまとスティッチ 感想】第1話 違う公式、そうじゃない

何度繰り返しても…626が地球に不時着したがる!!!!!!!!


というわけで、『殿さまとスティッチ』の感想をぼちぼち書いていこうかと思います。

一応、記録として残しておくかって。
リアルタイムに読んでいた時の気持ちをあとから振り返るのに便利ですし。

できるだけ、いつもみたいに明るく空元気に乗り切りたい、この記事。


真面目に吐き散らかしてしまったのはこっち。

ugfemh.hatenablog.com




さぁ、勢いだけの感想でレッツゴーー!!!!!!


第1話 【未知との遭遇

要約

『いっけなーい!焼き討ち!焼き討ち!
わし、戦国の世の殿、大和命尊。
今日はライバルの柴昌ん家の焼き討ち初日!
家来引き連れて進軍中、上から突然未知の乗り物が降ってきてもー大変!!
しかもその中から出てきた青い狸、めっちゃ可愛いのに超強くってどうしよう!?めっちゃ連れて帰りたい~(*´ω`*)

゛殿さまとスティッチ 第一話 『未知との遭遇』゛。

突撃ぃぃぃ~~~~~!!!!!!!』

大体こんな話でしたね←

いやもうわざわざストーリーには突っ込みませんよ。前回毒吐いたし、キリないですし。

不時着

毎回毎回どんな話を繰り返しても、宇宙から地球へ
ダイナミック墜落する626はどうにかなりませんか……公式も毎回毎回、微妙な差分つけて落とさないでくださいよ…



・リロステ映画:銀河連邦から逃走して墜落

・沖縄版
公式『少女との出会いをやり直すためにもう一回墜落してもらったo( ̄ー ̄)o普通に同じことしても味気ないから、時空嵐に巻き込ませた!

違う公式、そうじゃない。

・中国版
公式『沖縄版不評だった…だから反省して、宇宙船を落とすんじゃなくて、敵に捕まった626が逃げる為に落ちる仕様にした!変化球つけて、生身でダイブしてもらった。

違う公式、そうじゃない!
生身で宇宙空間から地球にダイブって、変化球曲がり過ぎて自分にぶつかってきてる位おかしいからね??マジであの場面見た瞬間、心臓ヒュッてなったからね?わかってる?
ファンもヒュッてなるし、ターゲット層のお子様は唖然だからね?

・殿さまとスティッチ
公式『中国版2期ノリノリだったのに不評だったからGOサインでない……
わかったよも~じゃあ、沖縄と中国の反省を踏まえて!また日本に戻ってもらう!でも普通に戻るとつまんないから、戦国時代に行ってもらお!!皆、幼女とペアに皆怒ってるから、真逆のおっさんで!あ、また同じ感じで宇宙船で落ちてねスティッチ!

違う!公式!!そうじゃ!!!ない!!!!
頼む、公式!気づいて!!直して欲しいポイントそこじゃない!!
幼女とのペアに怒ってるんじゃないの!
『リロ以外の幼女』と組ませて、リロを替えが効く存在扱いしてることに怒ってるの!
真逆のおっさんにすればいいとかそういうことじゃないの!何なの、鬼舞辻無惨様なの?


ここまでやられると、リスペクトの演出として『宇宙船不時着』をやってるって絶対考えられないからね。

はい、次!

演出

これは良いなと思った点。

愚痴記事でも書きましたけど、この漫画、一部がGIFのように動くんですよね。
それは凄く斬新だし、絶対この漫画の見せ所の一つ…というか唯一の見せ所。

だから一番最初にインパクトつけて見せるのって凄く大事だと思うんですが。そこのコマの割り方とか良かったなって。
素人だけど思いました。

具体的には21ページ。
4コマにわかれていて、カメラは定位置から動かず、命尊の顔が近づいてきて、後ろで足軽と626がワチャワチャし出す。
命尊の顔が近づいてきてることから、その場から離れている様子を段階的に描いていて、『何かがくるぞ……』ってジワジワ思わせてからの、次の22ページ丸々使っての動く演出!

事前知識がなかったら、命尊じゃなくても『えっ?』って二度見はしますよね。
この演出はいいなぁって思いました。

…だから何で626の絵があれなのか、この連載受けてしまったのか、本当に疑問なんですよ作者さん…

オリジナルキャラクター

殿とか、足軽とか諸々有象無象。

ぶっちゃけ、今までみたいに『リロの立ち位置に成り代わろう』というつもりすらないみたいだから、イマイチどういうキャラでどうしたいのかはわからない。
まぁまだ一話だから掘り下げて行くのかもわからないけど。掘り下げられたところで……
部下が殿の草履を温めたエピソード出る位ですかね←

スティッチ

話の冒頭に銀河連邦から逃走しているから、完全にリロと会う前、試作品626号以外の名前がない所謂ワルイコ全盛期のスティッチのはずなんですがね……

なんか暴れ方に気合いが足りないし、赤い服着てないし、もっというならほぼ二足歩行で歩かせているし……

作者さん、まさかリロステ映画見てる途中に寝た?
お忙しいだろうから寝ちゃったのはしょうがないから、じゃあ児童書の絵本のほうとか読もう?5分で読めるから、それなら大丈夫でしょ?なんなら貸しましょうか?←

シリーズ進むと、どうしても『破壊本能』の表現がマイルドになって、とりあえず強ければいーや、みたいになりつつありますよね……おい、やめろ中国版、626を怪獣みたいにでかくして背中から触手砲生やして破壊本能表現辞めろ!



大雑把に感想こんな感じですかね~
沖縄版リアルタイム時や中国版視聴時は、全力で怒りに感情をシフトして元気に暴れ散らかしてましたが、暴れる元気を吸いとられる作品ですわ……

まだ実写公開先だから、本当にこの連載の目的がわからない…

今回は初回だから結構長く感想書いたけど、次回から絶対短くなる気がする。

『殿さまとスティッチ』が公開されて思うこととか

もうめっちゃキレちらかす記事。


無事ベリミニが始まり、大興奮テンションMAXで日々を過ごし、TOONMIX6の原稿がまだ白紙なことに目を背ける平和な日々を過ごしている私の元に、公式から届けられた、ちょっと遅めのお年玉。お年玉っていうか『落とし球』。爆弾だよねこれ。


t.co


『意味がわからない』
という一言がこれ程ぴったりな感情に出会ったのは、OKINAWA版発表時以来death。
久しぶり!私の感情、元気してた?


実はこれ、私が仕事中に公開されたらしいんですが、仕事あがったらSNSのリプやらDMやらメッセージやら、通知きててビビった。だからバイブなりっぱだったのか。
通知いっぱいだったから、またOKINAWA版がやらかしたか、中国版スティッチ!がディズニーデラックス配信になったとか、そういうもんだと思った。

公式は常に俺たちの斜め上を進んでいたわ……そこに痺れる憧れるぅ~(誉めていない)


で、色々言いたいことを昨日勢いで口汚くTwitterで罵っていたのですが、もうちょっと自分の頭の中で整理してると疲れるから、ブログに吐き出そうかなと、マーライオンのように。


マンガ本編の感想は別記事にしたほうがいいかな…気力なくなれば書きませんが。


※注意書※
①これは『あくまで私個人の意見』であり、リロ・アンド・スティッチ好きな方全員がそういう考えな訳ではないので。
というか私が過激に否定派なだけ。過激も過激。
公式と解釈違いで戦い続けて10年越えました。

②このあと勢いで色々言うかもしれませんが、私は『スティッチをこういう扱いにしてる』公式側へのちょっとした怒りをぶちまけているのであって、決して『沖縄版スティッチ!シリーズ、スティッチ&アイ、殿さまとスティッチが好きなファン』や『今回のマンガを書いている和田洋人先生』が嫌いという訳ではないので。

これは私個人の意見です!

これは私個人の意見です!!!

Twitterと違って、こっちは少し真面目に語る記事。でも勢いでいつものノリに戻るかもしれないです。

リロ・アンド・スティッチ好きな人も不快に思うこともいうかもしれないので。

『殿さまとスティッチ』とは

まずはとりあえずここの説明から。
いや、私も説明できる程知らないけど。

2020年1月13日、講談社のコミックDAYSで突然連載が始まった、(おそらく)日本独自の連載漫画。電子書籍です。
作者は和田洋人先生。
次回更新が20日になっていたから、毎週月曜日に更新するつもりなのかもしれない。
私は勝手にトノステ、って呼んでいる。蔑称で。

第一話のところに『無料』って書いてあったから、このあとはポイント制度だったり課金で読む形式になるのかもしれない。
課金するかしないかは、ご自分の判断で。


あらすじ

あのスティッチが戦国時代に!? 銀河連邦から命からがら逃亡したスティッチが不時着したのは、ハワイではなく日本。…それも、戦国時代の日本だった! 下剋の国を平らげ、民から恐れられる戦国武将・大和命尊は、空から降ってきたスティッチと遭遇。その姿を見るうち、自らの胸の裡に初めて沸き上がる感情に困惑する。「…可愛い――――。」戦国武将・命尊と宇宙生物・スティッチとの心の交流を描くハートフルコメディ、ここに開幕!


はい、ここまで読んで意味がわからなかった人は素直に手をあげなさい。

………


はい、手をおろして大丈夫です。













私もわかりません。
『殿さまとスティッチとは』って項目作っておきながら私も何もしりませんよ!だって一般人だもん!

とりあえず、全く知らなかった人に大して『こんなことがあったんだよ』ってざっくりとした説明でした。


私がこの作品で良いなと思った点

罵る前にとりあえずちゃんと読んだので、素直に良いなと思った部分。

動く

冷静に考えたらこれネタバレですね。
まぁいいか別に。
電子書籍に詳しくないので、もしかしたらこういう技法はすでに一般的になっているのかもしれませんが。

話中盤から、漫画の一部がGIFのように動きます。

これは電子書籍だからできることかと。
電子書籍、という、紙媒体よりまだまだ一般的ではない媒体で新しい可能性を広げたみたいで面白いなとは思いました。

そのうち、ハリー・ポッターの世界みたいに写真がこちらに手を振ってくれる未来もくるのかもしれない。

ちなみに私は、上で語った通り電子書籍には詳しくないので、最初動くページを見たときは、普通にスマホが壊れたのかと思いました。
たまにあるんですよ、スクロールしていたらいきなりページ頭に戻っちゃったりする現象。主にTDRサイトで←

コミックDAYSでのみ連載

あまり誉めていないかもだけど。

今のところはコミックDAYSでのみ連載。

つまり、テレビ放送みたいに
『たまたまたゴールデンタイムにテレビをつけたらうっかり目に入ってしまった』
という事故は防げるわけです。

たまたま偶然この作品を見るには
『たまたまコミックDAYSのサイトにアクセスして、たまたまスクロールして見かけたこの作品をたまたまタップして、たまたま最新話をタップ』
しなければいけない。
そんな偶々があってたまるか。


私がこの作品で腹が立ったこと

ここからが銀河連邦のおねーさんの大荒れコーナー。アクセル全開でいきましょう。

作画

先に言っておく。
決して『てめぇ絵下手くそだな』というわけではない。
上手いですよ。作者の方。問題点はそこじゃない。

話を読んだ方なら既に知っていることかと思いますが。
この漫画、(たぶん)主人公である殿、大和命尊やその家来の武士たちは普通に描かれています。

普通っていうのは、普通。
影がついていたり、炎だったりが描かれていたり。
まぁ、その、いわゆる普通の漫画みたいに。(語彙力の限界)

よく見ると、顔が描かれているモブの武士、略して"モ武士"の顔は一人一人描きわけられたりしていてすごい。

のに。
なのに。
ですなのに。

スティッチは、その作画に合わせていない。
いや、決して骨格が変とか気力なく描かれているとかではなく。
影がなく、デフォルメ化されたイラスト。

模写や原作に近いイラストじゃなきゃダメとかそういう問題ではなく、わざとこのデフォルメイラストでスティッチを登場させている。

お前それ、影のつけ方わからなくて、とりあえず適当にバケツ塗りで色塗ってごまかしてる、アイビスペイントで描いた私のイラストみたいになってるぞ?
美術の成績赤点のやつと一緒の作画って言われて嬉しいか公式?←


あまりにあれすぎて、『スティッチ知らない一般人がミリしら状態で描いた感想イラスト』とか言われてましたよ。ごめん、これ公式なの!!←

和田洋人先生について凄く詳しいわけじゃないけど、前で言ったように、モ武士の描きわけや背景の城や木々とかをしっかり描かれる方が、スティッチを全く描けないわけがない。

つまりこれはわざと
『リアルなタッチで描かれている、冷酷な殿さまの元に、デフォルメされた雑テイストで描かれたディズニー人気キャラクターがやってきて、殿さまがトゥンクするの面白いよね』
というギャップ狙いのためにわざと雑なイラストになっている可能性があるんですよ。
このミスマッチ感がウケるだろ、と。

マジで言ってんのか。
ここ、酒の席じゃないんだぞ?
ファンが内輪でネタにしてるのと、公式がネタにすんのは意味も重みも全然違うだろ?


いえ、最初は真面目に考えたりもしましたよ?

リアル描写な人間と、異世界生物を区別するためにわざとそうした、とか。
でもお話冒頭の銀河連邦はめっちゃリアル描写で描かれていますよね?
その時点で異世界と区別をするための作画ではないなと思いますし。

正直、そういう流れになったのは、公式側から依頼したのか、作者の方から公式に提案したのかは、一般人である私は知りませんし、たぶんそれが世間に知られることは一生ないんでしょう。

ただ、少なくとも公式はこれでOKを出したってことですよね。それでいいと。スティッチの扱いはそれでいいと。

その扱い方が見えてしまって、腹が立ってしまいました。

『スティッチ』の扱い

ほとんど語ってしまいましたが。

上記のことから、公式にとってスティッチとは、『リロ・アンド・スティッチの1キャラクター』というより、『人気でキモカワでそれなりに知名度あってハチャメチャな事何やらせてもウケる何をやってもいい素材』としか見えていないんじゃないかと思えてしまいまして。

1キャラクター毎に死ぬほど丁寧に丁重に厳重に愛情こめて扱え、って言ってるわけじゃないんです。
商売なんですから。
1キャラクターだけをしっかり管理するなんて無理です。当然というかあることです。当たり前です、ボランティアじゃないんですから。

でも、沖縄版から始まるあまりに粗末な扱い、フォロワーさんに『フリー素材じゃねぇんだぞ』と言われていましたがまさにそれ。
ファン一人一人にスティッチに対する思い・考え・抱いているもの。そういったものがあるはずなんです。ファンなんだから。
でもそういったもの軽視、というかもしかして見えていないのかな?そういう扱いが公式から続いていて・・・

そういう扱いの多さに、もしかして『スティッチの記号化』しているんじゃないかなとも思えてしまいました。

スティッチの記号化

良い表現が見つからなくて、こんな表現になってしまいましたが。

突然ですが、スティッチといったら何を思い出しますか?
ハワイ?アロハ?オハナ?宇宙?エイリアン?山寺宏一ボイス?

この発想は、公式もするらしく。


・スティッチ=フリフリ大騒動=落書き=アニメーションだとそんな要素ないけど、スティッチが落書きしているイラストのグッズだしとこう

・スティッチ=ハワイ=夏=夏グッズとりあえずスティッチ入れよう。スティッチ泳げない設定だけど、夏に海は必須だから水に入れよう

・スティッチ=ハワイ=南国=沖縄=沖縄に不時着させて現地少女とよろしくさせよう



マジカルバナナやってんじゃねーんだぞ???????????????


口汚くなっちゃった。失礼しました。

これは大雑把な例ですが、割と最近このマジカルバナナ現象が多い。
キャラクター商売ですから、ある程度は全然わかるんですが。
最近は『とりあえずマジカルバナナで繋がったものをスティッチにやらせときゃ、スティッチ出ているだけで喜ぶだろう』というのが多い。いや、喜ぶとすら思っていないかも。いい話題の素材位にしか思っていないかも。スティッチ以外にもありますが。レリゴーとか。

上でもちょろっと語りましたが、公式の中でスティッチは、ハワイ・南国・宇宙・キモカワ・ハチャメチャで何をやってもOK

そういうものの象徴というか、一種の『記号』になってしまっているのかなぁと、思いました。それの1つに当てはまれば使えるぞと。

だから今回の漫画も
『他のディズニーキャラクターなら当てはまらないけど、何をやってもOKなスティッチなら、例え作画違いで浮いても大丈夫だよね。ギャグ路線漫画に出しても、笑いのネタになるよね』
って出されているみたいに感じて。
そんなつもりがあろうがなかろうが、私はそう感じてしまって。

公式に、笑い者にされてる気分に感じて。だってこれ、スティッチである必要あります・・・?
ファンが沖縄版を『あんなことありましたねーw』って笑っているのとはわけが違う。

本当に憤っているというか……もう段々ブログで書いてる意味がない位にぐちゃぐちゃになってはいるんですが、本当に押さえきれなくて。
実はこの項目、5回位書いたり消したりを繰り返していて、本当に収集つかないことになっているから、ざっくりもうこの憤っている、って感想で終わりますね!

私は怒っているんだぞーーーーー!!

はい、収集つかないから次の項目!

なぜ今この作品が出たのか

上の項目よりは重くないよ\(^_^)/

何故今このタイミングで、スティッチの新しい話題が出たのか。
事実は、公式のみぞ知る、なんでしょうが。

もしかしたら、リロステ実写化が決まったので(映画か配信かはまだ未定。はよ決めて。)それに対しての下準備なのかもしれませんね。
下準備ならなにしても許されると思うなよ←

どう向き合うか

これは、私個人の問題。

結論から言えば、余程の事がない限り見続けます。

『嫌なら見なきゃいいじゃん』が一般論だと思うし、それが正しいんだとは思います。正論。嫌味じゃなくて本当にそうなんだと思う。思っています。

ただ、嫌なら見ない。
で、見ないまま、食わず嫌いのまま否定したら、今度は『見てないからそう言えるんだよ』という意見も出てきます。キリないな。

だから私は見ます。見てなお否定したほうが、自分の中で確信が持てるので。

あとはまぁ、まじめに考えると今回にみたいに色々爆発してしまいそうなので、いつも通り、空元気でノリと勢いで突っ込んで誤魔化そうと思います。


私は、リロ・アンド・スティッチという作品に出会い、色々な考え、色々な思い出ができました。

ハワイ版を見ました。
カウアイ島に行きました。良い場所でした。
沖縄版を全部リアルタイムで見ました。
沖縄版の舞台のモデルになっている竹富島に行きました。良い場所でした。
鳥取県の国際漫画博も行きました。
鳥取県でスティッチが行った場所全部行きました。良い場所でした。
中国版も見ました。
黄山はまだ行けていないけど、素敵な場所なので行く気満々です。
この作品も余程の事がない限り、読みます。

そして全作品見た上で。


私は怒ります

ベリーベリーミニー ショーウィンドウ

朝から死んでいた←

ほぼTwitterでも同じこと呟きましたが。

本日から、TDL『ベリーベリーミニー』のイベントのグッズ&フードが販売開始でした!!!!!!!!!!!!!!


……えぇ、もちろん行きましたよ。

f:id:kurage1118:20200109173253j:plain

前日にディズニーランドホテルに宿泊して、アーリーを使ってな!!!!!!!!!

f:id:kurage1118:20200109173347j:plain

朝日がきれいでした←

じゃなくて。

本当は前日のエンパイアグリルのディナーやホテルの部屋について話したいんですが、いかんせん頭がベリミニ仕様になっているのでとりあえずショーウィンドウの話をば。

今回は真面目に気合いを入れていたので、アーリーを使ってグッズ販売へ。

結果としてグッズはサクサク買えました!課金最高!!o( ̄ー ̄)o


ただグッズより私がパークに入って混乱してしまったのはショーウィンドウ!!!Σ(゜Д゜)

f:id:kurage1118:20200109173658j:plain

ブレているのはご愛敬でw

ベリーベリーミニー仕様になっていたのですが!!!!

飾られている物の中に!!

f:id:kurage1118:20200109173823j:plain

レジェンド・オブ・ミシカやジュビレーションの頭飾りや

f:id:kurage1118:20200109173917j:plain

クラブディズニー スーパーダンシンマニアのリボンや…

f:id:kurage1118:20200109174013j:plain

過去ショーの衣装

f:id:kurage1118:20200109175432j:plain

ブレイジングリズムやボンファイアーのなんか←(ポスター…ですかね?)がありまして!!!!!!!!!!!


無駄にその場でくるくる回っていましたw

そしてこれを見つけた事実を友人に伝えながら、Twitterで呟こうとあたふたしていたら、友人から

『はよATMに金おろしに行け!!!』(元々現金をおろすためにATMに向かっていた)

と尻をひっぱたかれました。だって共有したかったんだもん……(。´Д⊂)



このショーウィンドウの頭飾りの三種類は、今現在のプラザの装飾のバナーに描かれているショーパレのものなんですよね。

f:id:kurage1118:20200109175200j:plain

↑これは違うショーパレードですが、こういうの。

プラザのバナーはあと2回変更する予定があるから……えっ、つまりショーウィンドウの飾りも変わるのでは???

と私が一人で暴れ散らかしています。マジデカ


今、この記事書きながらも眠さと疲れと興奮で何うってるのかわからない状態になりかけてますが、結論としては

ショーウィンドウ最高

って気分です、以上!!!!!!!


スマホから勢いで書いたから、読みづらいかもですがすみません。
まぁ興奮しているということで。

チックタックダイナー ベリー・ベリー・ミニー スペシャルドリンク

新年一発目の記事がこれ。

お前SHDL旅行記どこいった状態←


改めまして、あけましておめでとうございますm(_ _)m
本年も銀河連邦のおねーさんとして、欲望と感情に忠実な、支離滅裂日記を更新していきますので、何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

チックタックダイナー ベリー・ベリー・ミニー スペシャルドリンク

さっそくタイトル通りに。

本日から、TDRオフィシャルホテルで冬季スペシャルイベントのメニューが、イベントより一足早く提供されたので、仕事帰りにスタコラサッサと行ってきました。


ディズニーアンバサダーホテル、チックタックダイナーのスペシャルドリンク。

ベリー・ベリー・ミニースペシャルドリンク。


f:id:kurage1118:20200106233056j:plain



へーい!!!!!!!!!!
ベーリミニ!!!!
ベーリミニ!!!!あそれ!!!!
ベーリミニ!!!!あよいしょ!!!!!
ベーリミニ!!!!あどした!!!!


ふぇーい、途中まで記事内でテンション押さえてるの地味に大変でした~

もうなんか!!!!!まだイベント始まっていないですけど、どんなイベントになろうと私のテンション全力を尽くそうと思いまして!!

とりあえず!初日にドリンク飲んできました!!!\(^_^)/


ドリンクの味は『フルーツハーブティー、ゆずシロップ、オレンジ、チョコレート』

f:id:kurage1118:20200106233521j:plain

チョコレートは、上にのってるこれです。チョコの味がしました←

下にオレンジが沈殿していて、その上に柚子シロップ、フルーツハーブティーがある感じです。

どんなに混ぜても、下のオレンジと柚子シロップが全力で主張してきているので、ハーブティー感はあまり感じませんでした。
さっぱりしたフルーツジュース飲んでる感。

色合いと『ベリーベリーミニー』のタイトルに引っ張られて、イチゴ味を勝手に想像していましたが、全くなかったです。
というかやっぱり柑橘類の主張が口の中で激しいww←

味はとても好みだったんですが、ストローが普通のストローなので、下に沈殿しているオレンジを吸い込むのにだいぶ苦労しました(^_^;)
勢いよすぎて、かなり『ズゴゴゴゴゴ!!!!!!』という音を発しながらオレンジを制覇しました恥ずかしい(/-\*)



チックタックダイナーのベリーベリーミニー用のスペシャルメニュー、他にもミニーの顔のパンだったり、『ベリーベリーミニー スペシャルセット』のお食事もあるんですが、本日分は既になくなっていました、知ってた←

元々ドリンクだけの予定だったのですが、キャストさんが
『初日ですし(ベリミニだから)通常より多めに準備して、夜まで提供できる量準備していたんですが、いつもの4倍近い量ご注文がきて……』
と、ドリンク出来上がるまでの間に話してくださいました。


マジデカ。ヲタクとバトる為にスタンバイしていたのにダメだったのか……
ヲタクの胃袋が異常なのか、財布が異常なのか、分母数が異常なのか…全部か


まぁまだイベント始まってませんし、キャストさんも『カードはまだまだありますので!!』って言っていたので、どっかのタイミングで無理せず食べたいです!!



おまけ

ちなみにパーク内は、イベント装飾、一部始まっていました。

f:id:kurage1118:20200106235502j:plain

f:id:kurage1118:20200106235542j:plain

f:id:kurage1118:20200106235610j:plain

f:id:kurage1118:20200106235651j:plain


ベリミニ!!!!!!!!!!私だぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!抱いて!!!!!!!!!!!!!


まだ囲われた状態ですので、ミニー位しか見えませんしライトもついていませんが、誰もいない中存分に見える範囲だけ拝んできました( ̄人 ̄)

チックタックダイナー イヤーエンド&ニューイヤースペシャルドリンク

大丈夫、SHDL記事忘れてない!!!!!!←

ただ仕事忙しくて書けてないだけ!!!!


ちょっと脱線して本日からのドリンクを。


ディズニーアンバサダーホテルのチックタックダイナーで提供中のイヤーエンド&ニューイヤースペシャルドリンク。

f:id:kurage1118:20191226170718j:plain

名前の通り、正月用メニューなので提供時期が今日から年明け5日までとかなり短いのですが。

私ドストライク好みな味だったのでつき日記に。

f:id:kurage1118:20191226170817j:plain


上に栗・花麩・南天の葉が乗っていて、ドリンクはチェスナッツシロップ、黒ゴマ、きなこ、ミルク、ホイップクリーム……とか(HPから丸コピペ←)

f:id:kurage1118:20191226171145j:plain

飲み物液体自体は、黒ごまの黒が全面に出ていて真っ黒でちょっとビビりますが、味はミルクの甘さと黒ごまときなこの粉っぽさが合わさって、マイルドな甘さに出来上がっている感じです(*´ω`*)


今記事書きながらわかった!!!!!あれ!!!!!!!ミルメーク胡麻きなこみたいな感じです!!!!!!!

はー納得してすっきりしたわ。

外が寒い日が続くので、このまろやかさはホッとします(///ω///)♪


あ、一つ忠告。

f:id:kurage1118:20191226171610j:plain

さっきも上で書きましたが、飲み物自体が黒いです。そして粉っぽさもあります。

つまり、
『口の中微妙に黒くなります。というか歯が黒くなります』

くれぐれも、グリーティング前や大事な用がある前に飲まないよう、お気をつけくだせぇ………

まぁ、ホテルの部屋で歯磨けば済む話ですww

マレフィセントは歴代TDRショーで平均どれ位の時間出ているのか

私は、マレフィセントが嫌いです。


大事な事なので先に言っておこうかと。
ほら、マレフィセント好きな人が何かの間違いでこの記事にたどり着いたら、ここから下の私の言いたい放題状態に耐えられないだろうし・・・

ツイッターとかでは散々嫌いだ言ってますが、嫌いというよりどちらかといえば苦手です。


理由:過去ショーでトラウマレベルで怖い思いしたから・ミッキーいじめたから。

以上。


かと言って近年の(特にハロウィン)でのヴィランズブームだったり、マレフィセント好きな人の感性意味ワカンネというつもりではなく。
私も過去の云々がなければ普通に『カッコイイ』とか思うようになっていたのかもしれませんし。

あと、別に実写劇場版は平気。
むしろ結構お気に入り←
スタッフが『アンジェリーナ・ジョリーにやってもらいたかったこと』と全面に出している感じが好き。原作に準じているところもあるし。

あっちのマレフィセント嫌いになったのは、たまたま地雷を踏んでしまったが故。
そこを踏んだか踏まなかったか踏んでも元気だったかの違い。
地雷の上で元気にタップダンスする元気なんてありません。



で、なんでタイトルのように『マレフィセントは歴代TDRショーで平均どれ位の時間出ているのか』を調べようと思ったのかというと、以前ツイッターで『マレ様どれくらいでているんだろうね?』とつぶやいてる人のツイート見かけて気になったというのもあり、また、大体これくらい我慢したら私マレフィセントに勝ったことにならね?と思いついたからです。ものすごく単純です。



というわけで、TDR36年間のショー・パレードの中でマレフィセントがどれくらい出ていたのかを記事にまとめてみました。
ちなみにこの記事、以前のブログで2017年に書いたもののほぼコピペ(ちょっと手直しと追加した)です。
だから色々変なところあるかもですが、流して欲しいでっす・・・orz



ここで今回自分が決めたルール。


①カウントダウン・限定イベント・CM等はカウントしない
→カウントダウンはどのくらい出ていたかぶっちゃけわかりませんが。いつぞやにポンポン持っていたのは知っている。ギャップ凄すぎて、さすがの私も3度見した。
限定イベントは謎解きとか。追ってたらキリないですし、そもそも謎解きイベントはネタバレ禁止だから情報が出回っていない。ゆえになし。


②音声のみもカウント
→例えば姿を現す前に声だけ発していたり、声だけ出演していたり。
とりあえず出ていることになっているから入れとくかと。


③01秒~29秒は切り捨て、30秒から59秒は繰り上げる
→時間数カウントのルール。ただ単に秒まで細かく考えるのが嫌だったから。
 一つのショーで前半声だけ、後半姿を現すといった中抜けのパターンは秒まで数えて合計した結果の秒をその方式に当てはめる。


④パレードでヴィランズメインはCD収録時間、部分参加はヴィランズパートのみ
→例えばファンテとかパレードとしてはずっと出ているけど、かと言って30分ずっとカウントしてても前半ミッキー後半プリンセスですし。ぶっちゃけ細かいこと面倒だし

こういう感じでショーのちょろっととした感想と一緒に書いていこうかと思います。


先に注意点!!!!
※前述した通り、私はマレフィセントが嫌いです。ですので、ここから先の感想でもガンガン悪口書いてるかと思います。そういうのが苦手な方は地雷になりますのでお読みにならないほうが良いです。あくまで私個人の感想です。

※たぶんショーが抜けています←
調べている最中に爽涼鼓舞と飛ばしていた位です。ですので確実性はとてもないです。覚えていなかったり抜けていたり。あぁこいつ適当にやったな位の感じで見て頂けたら幸いです。

※私が気になったから調べてまとめただけというものになりますので、それ以上もそれ以下もないです。何も求めないで←

では下から感想等を。

①【シンデレラ城の謎】/1986年

そもそもスタートがこれでいいのかわからない。
ミステリーツアーオープンに合わせてのショー。
姿は(ほぼ)マレフィセントだけれども、ショー中『魔王』とか言われているし。ジョブチェンしたのか、似た容姿の生き別れの双子なのかもしれない。魔王から魔女ってジョブチェンしてランク下がってない?同じ姿の奴が2人もいてたまるか感あるのでとりあえず同一人物としてカウント。

最初と最後は姿を出していますが、中間は声のみ。姿が出ていてもなんかバッサバッサしてるだけなんですけどね。なに飛びたいの?
話それますけどこのショーのミッキー、前半出ていないのに最後の対決だけ一気にマレフィセント倒しておいしいとこだけ持って行ってます。今まで何してた。

出演時間:約9分

②【イッツ・マジカル】/1993年

TDL10thのキャッスルショー。壮大でした。といっても私も幼少期でしたので部分部分しか覚えていませんが。
具体的にはミッキーが活躍したところしか記憶にないです。
さすが私の脳。都合の良いこと自分の好きなことしか覚えてない。

ミッキーが作り出した色を奪いにやってきますけど、働きっぷりがすごい。
まずシンデレラ城のバルコニーで騒いでいたかと思えば、すぐ後にステージに瞬間移動、そのまま徒歩で舞台をワチャワチャ歩いた後色を奪う、バトルでドラゴンを呼ぶ、バトる。数年前にバッサバッサしていた人と同一人物とは思えない。やっぱり別人だったのかあれ。

このショーをカウントするにあたり困った点。先に書いた通り、『ドラゴンを呼ぶ』。ドラゴン=マレフィセントの変身した姿、ではない。
だから、ドラゴンがいるのに隣に普通にマレフィセントがいる。ドラゴンだけの場面ってカウントするのこれ??
結果からして、面倒だったので普通に数えました。いいですよもう、マレフィセントが多重影分身でもしたんだってばよ。

このショー制作の舞台裏番組でショーディレクターの渡海さんの発した、『(ドラゴンが)あと2秒早く死なないと』って発言、好きです。

出演時間:約4分

③【フィール・ザ・マジック】/1995年

地雷。トラウマ。
ショーベース2000(現ショーベース)にて行われていたレギュラーショー。初代ワンマンの後継ショー。
ディズニーアニメーションの名場面が出てきたあとになぜかヴィランズパート、何故きやがった←
このヴィランズパート、時間数は同じなんですが、前期/後期といいますか、実は途中からショー内容が少し変わっています。
前期は期間が短かった為、このショーを見たことがある人はほぼ後期の印象が強いという。
前期後期の違いは、具体的には巻き込まれるキャラクターの人数が違います。増えました。やめれ。
あとマレフィセントのセリフが少し違う。笑って誤魔化してる。多分セリフが飛んだな。
私は後期がトラウマなため、ほぼ前期の記憶です。
時間数が同じなため、前期後期分けず同じ1つのショーとしてカウント。

出演時間:約3分

④【ディズニー・ファンティリュージョン】/1995年

初代エレクトリカルパレードの後継イブニングパレード。
日本のパークでファンタズミック!ができないから代わりにこうなったとかとか。ソースは伝聞。本当かどうかはさておき。
ヴィランズパートでずっと出ずっぱりですのでショーモードも含めてカウント。ショーモードではドラゴンに変身。仲間のドラゴンじゃないよ?あと2秒早く死なないと!
ちなみに私は、大体ミッキーのところで見ていたので、ミッキー→ジャファー→アリエルの組み合わせで一番見ていたなと。

出演時間:約11分

⑤【ディズニー・オン・パレード/100years of magic】/2000年

2001年のウォルト・ディズニー生誕100年を記念して作られた昼のパレード。
ディズニーアニメーションの歩んだ歴史をアメリカのエンタメとかその当時流行っていたのとかと流れを合わせていたパレード。
マレフィセントは中盤のディスコ的なフロートで登場。
マレフィセントはボーカル、フェロー・ギデオン・ウィックドウィッチはギター、クルエラがドラムの謎バンド結成。
でも私1回、クルエラがボーカル、マレフィセントがドラムやってる逆パターンも見たことあるんだけど、あれなんだったんでしょう?誰か知りませんか?

ちなみにこのヴィランズフロート、公演期間内途中からマルッとカットされています。音楽性の違いでバンド解散したんですかね。

出演時間:約3分

⑥【ミッキーのギフト・オブ・ドリームス】/2003年

TDL20周年お祝いのキャッスルショー。私が初めて抽選に当たったのは7/4です←
このショーの見所は山ちゃんと山ちゃんの喧嘩。バッグ、見かけないけど元気ですかね・・・
マレフィセントはドナルドの夢に登場。ついでにハデスとエヴィルクイーンも登場。若返ったりBBAになったり忙しいですね。
登場したはいいものの、そのあと出てきたバッグオブドリームス(CV:山寺さん)に『鬼BBA』とか言われてさくっと消されます。
割と退場早い部類。

出演時間:約2分

⑦【ワンマンズ・ドリームⅡ ザ・マジック・リブズ・オン】/2004年

この間ロングランに幕が下ろされました。
ショーベースのショー。お疲れ様でした。次は何年か後にⅢがくるのを待っています←
これもフィールザマジックみたいに途中からバージョンチェンジといいますか、マレフィセント、後期版笑ってセリフ誤魔化してる感あるんですが。歳ですかね、魔女に歳という概念あるのか謎ですが。

ヴィランズパート前半は出てこないので、出てきてからカウント。実はこれも結構短い。

出演時間:約1分

⑧【クーキースプーキー。ハロウィンナイト】/2006年

2006年ディズニーハロウィンのナイトプログラム。ロックパーティー最中に乱入してきます。
城前エリアにフロートがきてみるタイプのショーですが、フロートが来る前のMCのプレショーにマレフィセントは声のみ先に出演。
1分ちょいですが、若干コントのようなことして帰ります。
話はそれますが、このショー、後半ミッキーが遅刻参加で助けに来てくれるのですが、
ハロウィン期間前半は城上のバルコニーで火花散らしてヴィランズ退散させてから、自分のフロートに瞬間移動してましたが、
後半は最初っから自分のフロートに登場の流れに変更になってました。

出演時間:5分

⑨【スターライト・ドリームス】/2008年

TDL25周年夏期ナイトショー。シンデレラ城にスポットが当たった珍しいショー。
ミッキーの消火活動に巻き込まれてずぶ濡れになりました。
マレフィセントは声のみ出演。細かくいうと、ステージのウォータースクリーンに姿映し出されてはいましたが。あんまりよく見えなかった。風強い日とか特に。
実はこれが一番短くて、30秒きってるんですが、さすがに切り捨てて0秒にするのはどうかと思い、これは特例で1分に。後述のウィズインより短かったのが調べていてちょっと驚きでした。

出演時間:約1分

⑩【レッツゴー・ヴィランズ】/2008年

2008年ハロウィン。毅然とした態度で断るタイプのあれ。
ミッキーみたいのにミッキーのフロートにマレフィセントいるしでものすごい苦労した記憶。
『パパパパヤパヤ』『ヤダダメムリ』『ありえな~い』『1人の勇敢な若者(1928年デビュー)』等色々突っ込みが追いつかなかったです。結局なんだったんだあれ。ショーモードだけで退散するので時間はほどほど。

出演時間:約3分

⑪【バンザイ・ヴィランズ】/2008年

2008年ハロウィンナイトプログラム。すごいタイトル。
昼間はヴィランズを退散させた(皆でお祝いはしなかった)ミッキーが夜は手のひら返し、『ハロウィンの夜はみんなのものだよ!』等いってヴィランズのパーティーに殴り込み☆
いや、今別に悪いことしてたわけじゃないからいいんじゃないかなぁ、と私が思ったレベル。
パレードモードからずっとマレフィセントは出ずっぱりなので、CD通りの時間でカウント。

出演時間:約18分

⑫【ドリームス・ウィズイン】/2009年

25周年フィナーレのキャッスルショー。四方八方からボコボコに言われています。
後半、魔法のカギを奪いにやってきたものの、子どもだとわかったら『私やんなくてもいーわ』と手を抜いてグーン達に任せてさっさと帰ります。

何しにきたん。

いや本当に何しにきた。だったら最初からグーンだけにしようよと言いたい。そのグーン達との鍵争奪戦もよくわからなかったし。
そのあとフラっときたミッキーのフォローもよくわからず、よくわからないまま終わってました。試作品日本最後の出番がこのショーって・・・・


余談ですが、マレフィセントはショー後半から出てくるため、ショー最中にホンテ横からグーン引き連れて城に歩いてきます。
時間に余裕持ってくるため、旧ベビーマイン横あたりまできたら城に入るまで結構フラフラしています。グリとは言わないまでもプチグリみたいな。
その情報を知らず、ちんたら城裏で花眺めていたら真後ろにマレフィセントに無言で立たれて死にそうな思いしたのが強烈な記憶です。私が2秒早く死にそうでした。

出演時間:約1分

⑬【リ・ヴィランズ】/2009年

2009年ハロウィン。2008年ハロウィンのプチリニューアルした再演。
アースラが参戦。フィールザマジックのような腕上下運動からは脱出した模様。ずっと上下運動だけでもよかったのに・・・

ヴィランズ側進行役をアースラに取られたため、2008年より控えめな印象。あれだけ『全ての悪の支配者だー!』とか言っときながら、進行役あっさりとられているところに大草原不可避wwww

出演時間:約4分

⑭【バンザイ・ヴィランズ】/2009年

2009年ハロウィンナイトプログラム。ほぼ2008年と同じ。
昼間と同じで進行役アースラに取られっぱなしですwざまぁとか思ってないですw
出ずっぱりなのでCD通りでカウント。

出演時間:約22分

⑮【ファンタズミック!】/2011年

突然のTDS
もうすぐ終わっちゃうから、思い入れのある私は寂しさ爆発しそうです。たぶん、これがシー最初・・・なはず・・・たぶん・・・・

ヴィランズパート前半を、ウィックドィッチとアースラに持ってかれている為、出演時間的には短い部類ですが、
やっぱりドラゴンに変身すると圧倒的な存在感だなぁと。それくらいしてから『全ての悪の支配者だー!』って言ってほしい。
ちなみに通常版でカウントしていますので、ヴィランズパートで帰れなくなってフィナーレまで居残りさせられたバージョンはカウントしてません。
最近シス調で、音声のみのミッキーに倒されるパターンもあったみたいですね。
ミッキーの声が強いのか、マレフィセントが極端に弱いのか・・・・両方ですかね?☆
最後まで無事走り切れることを祈っています。


出演時間:約2分

⑯【爽涼鼓舞 ザ・ファイナル】/2012年

TDLに戻る。
昼間の試合で負けたドナルドが何故かマレフィセントの格好をして再戦、予選通過。そのまま決勝戦にきたから後ろからご本人登場という流れ。ものまね企画でよくあるパターンですね←
まぁこれはドナルドが悪い。でも顔に特殊メイクまでだったのが結構ツボだったのでお面は買いました。
あと、予選は一番見ていました。寝坊したら大体4回戦の抽選しか間に合わないってのもありました。
当たり前ですが本人の分しかカウントしていません。ドナルドマレフィセントはカウント対象外です。

出演時間:約3分

⑰【爽涼鼓舞 The Final】/2013年

爽涼鼓舞再演、2012年の続き。
ドナルドは今回マレフィセントの格好をしていない・ベランダに出れないようにMCさんが30thロゴで対策と打ったにも関わらず、やっぱり乱入。フラグは全て素手でへし折ってきた!2012年と違って、くる理由がわからない。ただの構ってちゃん。それかドナヲタ

出演時間:約3分

⑱【ザ・ヴィランズ・ワールド】/2015年

TDSに戻る。シーでヴィランズメインはお初かな?
上司よりも部下がヒートアップしていて、あまりTLにも上司の話題がこなかった印象。
なんでミッキーはマレフィセントと仲良くしてんだよーとかもやもやしてましたが、2015年はスティッチエンカウンターに忙しくてそこまで深くはいらなかったので特にコメントなし。最初からいるのでCD通り。

出演時間:約25分

⑲【ザ・ヴィランズ・ワールド】/2016年

再演。ポップンライブに忙しかったのでコメントは前年度と同じで。ポップンライブ週休2日制だったの!

出演時間:約26分

⑳【ザ・ヴィランズ・ワールド】/2017年

ここからが前の日記からの更新分。
というかまだやるの?ヴィランズ・ワールド?
まぁ終わったことだし今だから言えるけど、この位の再演、クリスマスストーリーズに比べたらまだまだでしたね・・・
三年目。
まったく同じかと思えば、ショー演出でなんかあれ、蔦みたいなあれがニョーーーンって←
水圧で飛ぶ。。。。フライボードみたいな感じのやつが追加されました。
追加要素はありましたが、この年の秋は
DLPセレモニーで全く心に余裕がなくなっていた』『DLPのマラソンが控えていた』『ポップンライブでエンジェルの柵がなくなった』『というかポップンライブ来年ない』
で頭いっぱいいっぱいだったんで、そこら辺の記憶しかない。


出演時間:約26分

21:【ザ・ヴィランズ・ワールド】/2018年

白シャツについたカレーこぼし跡よりしつこいな!!!!!!!!
クリスマスストーリーズのほうが長いですけど!!!
4年でフィナーレ。
2019年のハロウィンは、魔王復活祭になるので。
やだ、こんなところで①でのマレフィセント魔王説伏線回収???www

冗談は置いといて。
ヴィランズメインが今までなかなかなかった分、世間一般に『ディズニーヴィランズ』の存在をすごく示すことができた4年間だったんじゃないでしょうか。頑張っていたの、上司より主に部下の方々な気がしますが。今度アプリゲームリリース予定ですし。


ランドハロウィンがスプーキーBOO!パレードになって、なんで両方通い詰めた記憶ないんだろうと思ったら、私、この秋、同人誌の原稿とツムツムゲームの試作品同時並行で進めていてそれどころじゃなかったんだわ。

出演時間:約26分







はーーーーーー疲れたーーーーーー
お疲れ私!
なんか思っていた以上に多くてちょっとびっくりしました。

足して割って計算

時間としては


計198分!!!

長い。200超えそうじゃないですか。
200分なんて、スティッチエンカウンターオープン時もそれくらいの長さいったか微妙な感じですよ!!

つまり198÷21=9.428571428・・・・・



平均!9.4分!!マレフィセントは!!!出演している!!!!!


前回日記書いた時は7分くらいだったんですけど、もう9分超えるとほぼ10分ですよね?ちょっと10分マレフィセント我慢チャレンジはきつくないですか?
10分我慢する余裕あるなら、一目散に逃げますわ。そう、鬼滅の刃の無惨様のように!!!逃げるは恥だが役に立つ

結論

マレフィセントは歴代TDRショーで約9.4分出演している。

平均ってことで全部足して普通に割っただけですが、実際、ショーにフルで出ているのとちょっかい出しに来たのでは全然時間が違うので、アバウト3~4分が普通な感じはしますが。

わざわざリメイクまでして、調べて何しているんだろう感半端なかったです。
でも、大体踏ん張る時間もわかり、諦めて逃げようという気持ちになったり、こうして年代順にして改めて振り返ってみると、
最初は完全にミッキーが悪を倒す!流れだったのが、徐々にみんなの力を合わせて倒す!という準参加型になり、近年では倒す傾向はあまり、ない?せいぜい追い返す程度になっているのが時代の流れを感じます。

また、今回は演目のスタート年度のみ書きましたが、やっている期間とかが被っていたりして、ほぼずっといるんですよマレフィセント
TDRマレフィセントの悪事はともに歩んできた、切り離せない大きな存在なんだなということを再認識させられました。


ちなみに、ワンマンⅡも終わり、ファンタズミック!も3月に終わり、このまま後のショーなにも発表されないと、割と久々に
TDRマレフィセントいない期間』
が誕生するんですけどうほほ←
ファンタジーランドのほうのは、アースラが出るくらいみたいですし。
そんなこと言ってあぐらかいて鼻くそほじっていたら、サラッとグリ出てきそうですね黙ります。


以上

あーつかれたー